Macworld Boston(1997)ーSteve Jobs returns

 

最後にAppleのブランドについて、Think Differentの考えについて示した有名なスピーチです。説得力がありますね。

 

Macworld San Francisco(2000)ーApple CEO S.Jobs

 

「世界でもっとも才能にあふれた人たちが働くAppleとPixarで、毎日働くことになる。」暫定から正式にCEOになったと、発表したときの会場の反応に対する表情が印象的でした。

Macworld San Francisco(2003)ーSafari, Keynote

 

Safari、Keynoteなどを発表。Keynoteは「私のために開発された」とジョブズ氏も満足の、グラフィカルなプレゼンテーションのためのスライド作成が可能なアプリケーション。最後にMacworld参加者に向けて「参加してくれた皆さんに“Keynote”を」で会場はさらに盛り上がりました。人を喜ばせるのが得意ですね。

 

Macworld San Francisco(2007)ーiPhone

 

『2年半この日を待っていた…』iPhoneの発表は、スティーブ・ジョブス氏も楽しみにしていたということが伝わってきます。
「iPod」、「電話」、「インターネット」の3つを1つにした新しいプロダクトとして、世界を変える製品としてiPhoneを発表したスピーチです。

 

Macworld San Francisco(2008)ーThe MacBook Air

 

“The worlds thinnest notebook.”といってMacBook Airが封筒からでてくるシーンは印象的ですね。外出の多いビジネスマンや、どこでも仕事のできるノマドワーカーにはこの軽さと、薄さが魅力。北米のほとんどのカフェやレストランでWi-Fiが使えるのは、MacBook Airのおかげなのかと思うほどです。