Macを使用するときは、管理者と一般ユーザを使い分けます。通常は「通常」という名前のユーザアカウントを使用します。それぞれのユーザに個別のホームフォルダが作成されるので、ほかのユーザに影響を与えることなくMacを利用できます。「管理者」アカウントはアプリをダウンロードするときなどに、認証が必要ですので管理者のユーザ名とパスワードは覚えておきましょう。

Macのユーザアカウント作成

1. システム環境設定を開き、「ユーザとグループ」を選択。

Screen-Shot-2012-10-25-at-17.38.28-300x220

2. 画面左下の「カギマーク」を選択して、管理者の名前とパスワードを入力します。名前は自動的に表示されます。

Screen-Shot-2012-10-25-at-17.39.401-300x237

Screen-Shot-2012-10-25-at-17.40.17-300x190

3. ロックが解除できたら、画面左下の「+マーク」をクリックする。

Screen-Shot-2012-10-25-at-17.43.36-300x237

4. 新規アカウントは「通常」を選びフルネーム、アカウント名、パスワードを入力します。ヒントもいれておくと安心です。フルネームを入力するとアカウント名が自動で表示されます。フルネームとアカウント名は同じで大丈夫です。

Screen-Shot-2012-10-25-at-17.44.25-300x237

 

5. のちほど、アカウントの画像は変更できます。Macのカメラで撮影したり、自分の好きな写真を使うことも可能です。

Screen-Shot-2012-10-25-at-17.50.30-300x242

6. 以上でユーザが作成できました。ログインし直すと、先ほど作成したアカウントが表示されます。