SNSの人気と並行してiPhoneで写真を撮る機会が増えてきました。iPhoneの標準カメラ機能でも綺麗に撮れますので、基本機能を理解して差がつく写真撮影のコツを身につけましょう。

1. iPhone標準カメラの機能を知る

ピントを合わせて、グリッド線を表示する

iPhoneには、「AF Lock」というピントを合わせるための機能があります。ピントを合わせたい場所を指定して指を長押しすると、明るさなども自動調整してくれます。指定した場所には四角い枠が表示され、ピントが合うと枠が消えます。写真の下に「AF Lock」という文字が表示されます。

グリッドは画面を9つの枠に分けた線を表示してくれます。構図を決める際にどこに合わせるか、決めやすくなります。

設定方法:iPhoneのカメラ起動>Option(オプション)>Grid(グリッド)をオンにする

IMG_1716

IMG_1724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HDRでコントラストを調整する

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略でコントラストを調整してくれます。ダイナミックレンジとは、最も明るい部分と暗い部分の明暗の比を広げる技術です。HDR撮影時は、3枚の写真を撮影して自動的にコントラストを調整した1枚が出来上がります。

光が必要なところだけ集まってきます。

設定方法:iPhoneのカメラ起動>Option(オプション)>HDRをオンにする

IMG_1717IMG_1711

 

 

 

 

 

 

 

 

2. 構図を決めて撮る

背景はシンプルに

背景がごちゃごちゃしていると、綺麗に撮れません。背景はシンプルな場所を選び、その環境をつくりましょう。

 

目線の高さで撮る

人の目線に合わせて写真を撮ります。料理を撮るときは、斜め45度上が綺麗に撮れるといわれています。

 

デジタルズームは使わない

手動でズームが出来ますが画質が荒くなります。自分が近づいて撮りましょう。

 

上記3点を踏まえて撮影した写真です↓

IMG_1582

 

 

 

 

 

 

3. ブレないように撮る

シャッターの押し方

iPhoneの撮影タイミングは、撮影ボタンを押したときではなく「離したとき」です。

 

両手でiPhoneを持つ

片手で持つより、両手で持った方がぶれません。脇を締めてiPhoneを固定しましょう。可能なら、iPhone専用のスタンドも使いましょう。