本日(6月17日)クローズドβ版としてローンチされた、オンライン決済サービス「Spike」。

ネットでも話題になっていますが、その1番の特徴は決済手数料が一切かからないこと。

スクリーンショット 2013-06-17 21.36.15

 

そのマネタイズ手法に注目が集まっていますが、

ユーザーとしては使いやすいサービスが低価格で使用できることはメリットが大きいですよね。

またサイト運営企業だけではなく、個人でも簡単にECサイトなどのサービスをはじめられるようになりました。

 

applebarブログでは以前スマートフォン決済について紹介しましたが、

スマートフォン決済がこれからのスタンダード!? イベントで使えるサービス比較。

 

 

今回は簡単にはじめられるECサービスをピックアップします。

 

Stores.jp

スクリーンショット 2013-06-17 21.37.55

 

“最短2分で、驚くほど簡単にオンラインストアがつくれる”

とキャッチコピーを掲げるStores.jp。

中でも注目はプロのカメラマンによる商品写真の撮影サービスがついている点。

※撮影は無料会員であれば5点まで、月額980円の有料会員になれば20点まで依頼することが可能です。

 

ZEROSTORE

スクリーンショット 2013-06-17 21.38.52

 

モバゲーなどで知られるDeNAが運営

Yahoo!ショッピングやビッダーズ、Googleショッピングとの連携が可能など、最大のウリは、その集客力。

売上げや会員数の目標を達成するとコインが貯まるなど、ゲームの要素を取り入れているのはDeNAならでは。

 

BASE

 

スクリーンショット 2013-06-17 21.38.21

 

ペパボ創業者の家入氏率いるlivertyから生まれたサービス。

その最大の特徴は全て無料でHTMLの知識などが無くても簡単のショップを立ち上げられること。

 

 

運営者にとっても、ユーザーにとっても使いやすいサービスがたくさん出てくることは嬉しいですよね。

ぜひお気に入りのサービスを見つけてください。