MacのOS X Serverに関する書籍は、日本ではごく僅かです。Amazonで検索しても、OSや世代が違うだけで発売元は両手で収まるぐらいの数です。検索件数ではWindowsの12〜13分の1程度。

私もOS X Serverを勉強し始めた頃は困りました。Serverを勉強したいけどどうやって?本もネットの情報も無い。そんな中でお世話になった本、Server管理者もお勧めする本をご紹介します。

 OS XServer管理者向けのおすすめ本

タイトル:【電子版】OS X システム管理
10.8 Mountain Lion対応
発売日:2012年○月○日
価格:4,200円
電子書籍

2008年に発売された「Mac OS X システム管理」の改訂新版。Mountain Lionに対応したOS X Server管理者による、管理者のための本。中〜上級者向け。日本一といってもいいぐらいニッチで、管理者が必要で役立つ情報が詰まっています。

Chapter1は無料で購入できる。Chapter毎の購入OK、Facebookページでの購入者向けサポートやアップデートも可能。購入はこちらをクリック

 

タイトル:OS X Server 実践ワークグループ&インターネットサーバ構築
10.6 Snow Leopard 〜 10.8 Mountain Lion対応
Mountain Lion対応版の発売日:2012年11月29日
価格:3,675円

OS X Server初心者向け。写真も多く使われており読みやすいです。Serverとは?の説明から、ファイル共有やWikiなどOS X Serverの機能をわかりやすく解説。Serverを構築したいときに、心強い一冊です。ただし、初めての場合は失敗の経験とトラブル対処ができるようにならないとこの一冊だけでは難しいです。はじめの一歩にぴったりです。

2004年の10.3、2010年からはOSがアップデートされる毎にほぼ毎年改訂されており非常に完成度が高いです。

 

タイトル:Mac OS X Server Essentials
英語 & 日本語訳
10.8 Mountain Lion対応
価格:英語版 約5,000円 / 日本語訳 約10,000円

英語で書かれたOS X Serverに関する書籍で最も有名で信頼が置ける本。英語ができる方には原文の英語版を購入されることをおすすめします。日本語訳には少し?と思うところもあり、英語の方がダイレクトに正しい用語が使われています。日本のOS X Server管理者のプロも愛用しています。少し価格は高めですが、実践的で現実的なタスクを例にとって、徹底的にOS X Serverについて説明され良書です。

 

OS X Server管理者にとっては必須の3冊と言えるでしょう。