iPhoneの唯一の弱点がホームボタンです。

普段生活をしている上で何気なく何回も押してしまうホームボタンですが、実際に、このボタンが反応しなくなってしまい、焦った方もいらっしゃるのでしょうか。

そこで、iOS 5では、機能しなくなったり反応が鈍くなってしまったホームボタンの代役をしてくれる設定が追加されました。

それが、「Assistive Touch」です。

  1. 設定
  2. アクセシビリティ
  3. Assistive TouchをON

AccessibilityAssistive Touch ON

そうすると、黒のバックグラウンドで白の丸がスクリーン上に現れます。

Home

これが、「Assistive Touch」です。実際にこのAssistive Touchをタッチしてみると、、、

Assistive  Touch

このような画面が表示され、「Home」をタッチしてみると、実際のホームボタンを押す操作になります。

「Device」の部分をタッチしてみると、ロックスクリーンやミュートにする操作ができる機能のスクリーンになります。

Assistive Touch2

また、このAssistive Touchは自分の好きな場所に移動することができ、4つ角、もしくは、スクリーンの両端に移動することができます。

まずは、Assistive Touchの設定ができたら、とことん遊んでみましょう。

これで、ホームボタンの反応が鈍くなったり機能しなくなったりしても焦らず問題なくiPhoneを使うことができますね。

必ず、iOSを「5.0」以上にアップデートすることお忘れなく。