Facebook, Twitterに続いてGoogleがスタートしたSNS、Google+も会員数が全世界で9,000万人を超え(2012年1月17日現在)、日本でもだいぶ浸透してきました。

ただし、このGoogle+では始めるときや運用で気をつけないといけないことがいくつかあるのでご紹介します。

 

1.Google+はGoogleアカウントの連動に注意!

Google+を登録する際に使用したGmailアドレスは、Google Appsのすべてに共有されています。

もしGoogle+で公序良俗に反する、もしくはルール違反の投稿をしたと判断された場合、Google+アカウントが停止されます。このとき、登録されているアドレスのGmail、Googleカレンダー、Googleドキュメントなどすべてが使用停止になってしまいます!

ルール違反はもちろんのこと、アカウント停止の危険がある投稿は避けたほうがいいですね。

 

2.共有するコメントや投稿内容に注意!

Twitterでは自分のつぶやきを削除すると、RTやReplyなど関連のつぶやきが連動して削除されますが、Google+では自分の投稿を削除しても、共有された相手の投稿を削除・修正することはできません。つまり、本意ではないと消した投稿でも、共有の連鎖によって拡散していく可能性もあるということ。共有するコメントなどは残ってもいいものを投稿するようにしましょう。

 

3.連絡先の共有に注意!

Google+でサークルに追加すると、Gmailの連絡先にもその人たちが登録されます。このとき、連絡先なのにメールアドレスがない人も・・。「邪魔だな」とGmailで連絡先を削除すると、Google+のサークルからも外されてしまいます。Googleアカウントで管理しているから起こることですが、Gmailの連絡先がちょっと使いづらいですね。

 

4.限定公開でも、個人宛の投稿に注意!

公開範囲を限定した投稿でも、限定されたメンバー間では「誰がその投稿を共有されているか」を確認することができます。内緒話は限定公開でも気をつけましょう。

 

5.iPhoneのGoogle+アプリからの位置情報に注意!

iPhoneからの投稿、「○○から」とざっくり自分の居場所を示したつもりが実は「○○市××町◆丁目■番地」までわかってしまいます!

iPhoneのGoogle+アプリから投稿

iPhoneからの投稿

Macで閲覧画像

Macで閲覧

Macで閲覧(Google Mapをクリック後)

Macで閲覧(Google Mapをクリック後)

自宅からiPhoneで投稿して、Google+の全体で閲覧可能だとしたら・・・容易に自宅を特定できてしまいますね。位置情報の提供は時と場合に応じて設定をoffにしておきましょう。

 

以上、今後も『注意!』するところが出てきたらお知らせします。